English version

アフロマンス

クリエイティブカンパニー「Afro&Co.」代表。アイデアと実現力で、新しい体験をつくるクリエイター、クリエイティブディレクター、DJ。

本名 中間理一郎。1985年鹿児島生まれ。京都大学建築学科卒。大学在学中に「アフロマンス」名義で活動をスタート。広告会社を経て、2015年、Afro&Co.のCEO兼クリエイターとして独立。

主な実績として、2012年に都内初の泡パーティーを開催し、メディアやSNSで大きな話題となり、全国に「泡パ」ムーブメントを起こす。その後、野外フェス 「泡フェス」の全国展開や、TOYOTA LEXUS、資生堂インテグレート、NMB48、チームしゃちほこ、GANTZ、とんかつDJアゲ太郎など、様々なブランド、アーティスト、コンテンツとコラボレーションし、話題となった。

さらに、スプライトのTV CMにも採用された街中を300mの巨大スライダーで滑る「Slide the City JAPAN」や、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」、 バスタブに浸かりながら映画を見るチルアウトイベント「BATHTUB CINEMA」などの主催に加え、佐賀の日本酒をPRする120万枚の花びらに埋もれるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」や、東京喰種とコラボレーションした4万本の薔薇と血の美食を楽しむイマーシブレストラン「喰種レストラン」など、数々の体験型イベントを企画し、それぞれ大きな話題となる。

2020年、コロナ渦では、3月に発信した「#楽しいが必要だ」のメッセージが大きな反響を呼び、英語、中国語、スペイン語などに翻訳され、世界に広がった。また4月にはm-floの☆Taku Takahashiらと協力し、累計200万人以上が参加するオンライン音楽フェス 「BLOCK.FESTIVAL」を立ち上げ、5月にはキャラクターが配送する「キャラデリバリー」を企画、6月には車の中で楽しむ新しい音楽フェス「ドライブインフェス」を立ち上げるなど、コロナ渦においても、世の中を前向きにする企画を次々と実現している。



主な実績

[ 企画 ] [ 主催 ]
車の中で楽しむ新しい音楽フェスの形
ドライブインフェス

02

[ 企画 ]
いちご狩りとアフタヌーンティーが楽しめる体験型バス
いちごさんバス
クライアント:佐賀県

01

[ 企画 ]
4万本の薔薇に包まれて、血の美食を楽しむイマーシブレストラン
喰種レストラン
クライアント:松竹株式会社

[ 企画 ] [ 主催 ]
バスタブに浸かりながら映画を見る究極のチルアウトイベント
BATHTUB CINEMA

04

[ 企画 ]
120万枚の花びらに埋もれるチルアウトバー
SAKURA CHILL BAR by 佐賀
クライアント:佐賀県

[ 企画 ] [ 主催 ]
街中を巨大スライダーで滑る究極のストリートパーティー
Slide the City JAPAN

[ 企画 ] [ 主催 ]
泡にまみれる体験型イベント
泡パ®️ AWAPA FOAM PARTY

メディア露出

IMG_5859

  • AbemaTV「AbemaPrime」
  • 日経MJ「人呼ぶ今どき企画」
  • 日テレ「ZIP!」
  • 日テレ「NEWS ZERO」
  • 日テレ「スッキリ」
  • フジテレビ「とくダネ」
  • 日経エンターテイメント 

その他、ラジオ、雑誌、WEBニュースなど

出演、講演実績

67594729_10218342870277057_134747233043087360_n

これまでの出演実績(講演など)

  • avexアカデミー特別講師
  • 宣伝会議 AdverTimes Days ゲスト登壇
  • 全国シティプロモーションサミット ゲスト登壇
  • 佐賀県庁 広報研修講師
  • QREATOR CAMP TOKYO ゲスト登壇
  • KAMIKAWORK INTERNSHIP TOUR ゲスト登壇 など

これまでの出演実績(DJなど)

  • 青の洞窟 SHIBUYA NEW YEAR PARTY カウントダウンDJ
  • Morning Gloryville London ゲストDJ
  • SPACE OUT – SKY WATER PARK CEBU ゲストDJ
  • FKD SUNSET FESTIVAL ゲストDJ
  • その他、泡フェス、Slide the City、早朝フェス レジデントDJ など

おすすめのブログ&インタビュー記事

06

アフロマンスの考え方などを理解しやすいブログ記事をピックアップしました。

おすすめのインタビュー記事


English version

AFROMANCE

Party Creator who creates brand-new experiences with innovative ideas and expertise execution.
Creative Director, DJ and CEO of Afro&Co.Inc.

Riichiro Nakama, born in Kagoshima in 1985. Graduated from the Department of Architecture, Faculty of Engineering, Kyoto University. While in college, he started his career under the name “Afromance”. After working at a major advertising agency, he launched a creative company “Afro&Co. Inc.” as the creator and the CEO in 2015 with a mission “Full the World with Fun”.

Afromance builds new social movements with powerful ideas that move the crowd, strategies from PR to experience design, and the expertise in execution to realize the unprecedented.

In 2012, he held the first bubble party in Tokyo, which attracted over 3,000 people to a 300-person venue and became a nationwide sensation. Since then, the brand has been established under the name “Awapa” and has collaborated with various companies, local governments, content, and artists, including an advertising campaign for TOYOTA LEXUS and a PR event for the movie GANTZ:O.

He had also created numerous festivals and events, including “Slide the City JAPAN” a giant 300-meter waterslide that was used in Sprite TV commercial, “MAGURO House” a house music club event that exhibits a huge tuna being prepared and served to the dance floor, “BATHTUB CINEMA” a chillout event where cinema-goers able to soak in private tubs while enjoying evening drinks with friends, “SAKURA CHILL BAR by SAGA-N-SAKE”, a collaboration with Saga Prefecture, where visitors drink sake while being covered by over 1.2 million petals of cherry blossoms, and “GHOUL Restaurant” an immersive restaurant of Tokyo Ghoul based on the theme of blood with 4 million roses.

In 2020, he has actively created various events in corona (covid-19) related chaos. In March, he sent a message “#We need fun” and it has been translated into English, Chinese, Spanish, etc. and spread all over the world. In April, launched an online music festival “BLOCK. FESTIVAL” with m-flo ☆Taku Takahashi, and more than 2 million people participated in the events in total. In May, executed “Character Delivery” a food delivery service by popular cartoon characters. In June, held a new style music festival “Drive in Fes” that you can enjoy the festival in your own car. All the projects he did in corona related chaos make the world positive and are attracting public attention.